投資信託の手数料

投資信託には、おもに5種類の手数料があります。わかりにくい仕組みですが、手数料について基本的な知識を身に付けることにより、販売会社のカモにされなくて済みます。しっかり覚えましょう。【販売手数料】投資信託を購入するときにかかる手数料です。この手数料が発生するのは購入時の1回ポッキリです。投資信託の販売手数料は商品ごとに上限が決められていて、その範囲内で各販売会社(証券会社や銀行など)がそれぞれの手数料...
スポンサーサイト

テーマ : 株式投資(デイトレ、中長期銘柄) - ジャンル : 株式・投資・マネー

タグ : 株式投資 資産運用 投資信託 ファンド

投資信託の利益と損失

投資信託には、儲けるチャンスが2つ、損するパターンが1つあります。【儲ける場合】自分が買ったときの基準価額より、売ったときの基準価額が高ければ(基準価額が上がっていれば)そのぶん儲けることになります。いわゆる値上がり益(キャピタルゲイン)です。もうひとつ、投資信託には「分配金」というものがあります。株式投資でいう配当金のようなもので、投資信託や運用実績によって分配回数や時期は変わりますが、基本的にど...

テーマ : 株式入門 - ジャンル : 株式・投資・マネー

タグ : 株式投資 資産運用 投資信託 ファンド

投資信託の基準価額(基準価格)

投資信託は通常の株式投資とはかなり違いがありますが、そのひとつに「基準価額」があります。※ よく間違えて「基準価格」と検索されるようですが、正式には「基準価額」です。「基準価格」ではないので、いちおう注意しましょう。基準価額とは、投資家が儲けているか損しているかを判断するための基準になったり、追加型投資信託(運用開始後も販売を続けている投資信託)を購入する際の判断材料になったりするものです。つまり、...

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

タグ : 株式投資 資産運用 投資信託

投資信託のデメリット

投資信託には以下のようなデメリットがあります。【手数料が高い】最近は高齢者など長年の会社勤めを終えられた人などが、貯蓄ではなく投資信託などの金融商品を買う傾向があるといわれています。そのため、商品が多様化して選択肢が広がり、「ノーロード」という手数料無料の投資信託も増えています。しかし、基本的に投資信託の手数料は割高です。通常の株式投資では0.1%(20万円の株式売買で200円)程度であるのに対し、1%~3%...

テーマ : 資産運用について - ジャンル : 株式・投資・マネー

タグ : 投資信託 資産運用 株式投資

投資信託のメリット

投資信託には以下のようなメリットがあります。【小額から始められる】株式投資に代表される資産運用といえば、まとまったお金が必要だという印象があると思います。実際、国内の個別株へ投資しようと思ったら、数十万円が必要になります。しかし、投資信託であれば1万円という小さな資金から始めることができます。理由は、多くの投資家から資金を集めて運用されるため、個々人にとっては小額投資でも、それが集まり大きな資金と...

テーマ : ゼロからの資産作り - ジャンル : 株式・投資・マネー

タグ : 投資信託 資産運用 株式投資

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。