さわかみ投信

日本のインデックス投資家に支持されている投資信託委託会社として有名な会社にひとつに、「さわかみ投信株式会社」があります。さわかみ投信はインデックス投資家、いわゆる現代ポートフォリオ理論を駆使してアセットアロケーションをもとに国際分散投資をおこなう投資家に、日本株式クラスとして活用されているようです。さわかみ投信の代表である澤上篤人が運用するファンド、「さわかみファンド」一本の販売でありながら、99年...
スポンサーサイト

テーマ : お金の勉強 - ジャンル : 株式・投資・マネー

タグ : 投資信託 資産運用 株式投資 ファンド さわかみファンド

投資信託の売却と税金

投資信託では解約(償還)・売却時に税金が源泉徴収されます。そのため、基本的には株式取引のような確定申告は必要ありません。ただ、ほかの株式取引の損益や投資信託の損益と損益通算(プラスマイナスを合算して税金の対象となる金額を減らすこと)をしたい場合は、自分で計算する必要があります。公社債投信は源泉分離課税といって、損益通算の対象とならないのでココでは株式投信(株式への投資を含む投信)にしぼって説明しま...

テーマ : 投資信託 - ジャンル : 株式・投資・マネー

タグ : 投資信託 資産運用 ファンド 株式投資 税金

ニュース証券がベトナム投信販売

中国株や米国株だけでなく、新興国として台頭しているロシアやベトナムの個別銘柄投資ができる証券会社として知られるニュース証券が、9月をめどにベトナムファンドの販売を開始するようです。ニュース証券(東京都渋谷区、西川敏明社長、03・5466・1641)は9月をめどに、ベトナムの株式や同国の不動産を対象とする投資信託を組成し、販売を始める。外国籍の公募投信として組成し、国内の個人投資家向けに、最低投資単位100万円以...

テーマ : ゼロからの資産作り - ジャンル : 株式・投資・マネー

タグ : 投資信託 資産運用 ファンド 株式投資 ベトナム

証券会社に口座開設

アセットアロケーションや投資したい投資信託・ETFが決まったら、早速それらを購入するために証券会社に口座を開設しましょう。基本的に、実店舗のある銀行や証券会社で買うよりも、インターネットの証券会社で買うほうが圧倒的にコストが低くなるので、ここではネット証券(インターネット証券会社)を紹介します。ネット証券の口座を開くのはちょっと勇気が必要かもしれませんが、ココで紹介している証券会社については、すべて...

テーマ : 資産運用について - ジャンル : 株式・投資・マネー

タグ : ETF ファンド 株式投資 資産運用 投資信託

ドル・コスト平均法

ほとんどの投資家は、大きな資金を最初から投資できるわけではありません。投資に目覚めた人が、いきなり全ての貯金をおろして投資をするというのはちょっと危ないですし、そもそも貯金自体が少ないという人も多いはずです。しかし、インデックス投資においては、初期の投資金額が少ないことは、そこまで不利な条件ではありません。たしかに多いに越したことはないのですが、少ない人には少ない人なりの投資法があります。「ドル・...

テーマ : お金の勉強 - ジャンル : 株式・投資・マネー

タグ : ETF ファンド 株式投資 資産運用 投資信託

インデックス投資家向けのファンドとETF

インデックス投資家が選ぶべき投資信託をベンチマークや手数料、運用実績といった面で比較した場合、現在基準を満たしているものは以下のとおりです。※ あくまで管理人ラピが選んだものであり、ほかにも条件に合致するものはあります。なるべく多くの選択肢をとって比較することをオススメします。[ 国内株式クラス ]・ インデックスファンドTSP・ STAM TOPIXインデックス・オープン・ ニッセイTOPIXオープン・ TOPIX連動型上場投...

テーマ : 投資信託 - ジャンル : 株式・投資・マネー

タグ : 資産運用 投資信託 株式投資 ファンド ETF

投資信託の選び方

アセットアロケーションを決めたら、今度は実際にどの投資信託・ETFに投資していくかを決めましょう。まず、インデックス投資なのでインデックス投信(インデックスファンド)に投資すべきだということは確実です。では、数あるインデックスファンドのうちどれに投資すべきかということになります。そのとき考えるべきポイントは以下のとおりです。・ ベンチマーク・ 手数料(特に信託報酬)・ 運用実績まず、ベンチマークを見まし...

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

タグ : ファンド 株式投資 資産運用 投資信託 ETF

アセットアロケーションの考え方 (2)

アセットアロケーションは、基本的には自分の目標金額や年齢などをもとに決めるべきものですが、世界の経済成長にそのまま乗りたいという場合は別の方法で決めます。これはアセットアロケーション全体の話ではなく、株式クラスにかぎった場合のものですが、非常に合理的な方法になっていて、多くのインデックス投資家に支持されています。それは具体的には、世界の株式市場(先進国の株式市場)の株式を、その市場の時価総額にあわ...

テーマ : 投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

タグ : ファンド ETF 株式投資 資産運用 投資信託

アセットアロケーションを考える

投資信託の仕組み、インデックス運用のメリットとデメリット、長期投資の有効性などを確認したら、実践にうつりましょう。投資信託やETFでインデックス運用をはじめるには、まずはアセットアロケーションを決めなければなりません。アセットアロケーションとは資産配分のことで、これによって投資成績(パフォーマンス)の80%が決定するといわれています。つまり、この最初の作業がいちばん重要ということです。しっかりやっていき...

テーマ : インデックスファンド - ジャンル : 政治・経済

タグ : 投資信託 資産運用 株式投資 ファンド ETF

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。