スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資信託の基準価額(基準価格)

投資信託は通常の株式投資とはかなり違いがありますが、そのひとつに「基準価額」があります。

※ よく間違えて「基準価格」と検索されるようですが、正式には「基準価額」です。「基準価格」ではないので、いちおう注意しましょう。

基準価額とは、投資家が儲けているか損しているかを判断するための基準になったり、追加型投資信託(運用開始後も販売を続けている投資信託)を購入する際の判断材料になったりするものです。

つまり、投資家は基準価額で投資信託を買ったり、あるいは解約したりできるのです。株式投資における株価のようなものと考えてください。

投資信託の基準価額は、その日の市場が閉じたあとに算出されます。だいたい夕飯の時間ごろにはその日の基準価額が決まり、それが購入や解約の際の価格になります。

基準価額は、その投資信託で運用されているお金(純資産総額)を総口数(株式投資でいう発行済株式総数)で割ることでもとめられます。

【基準価額】 = 【純資産総額】 ÷ 【総口数】

基準価額は株式投資でいうと株価にあたりますが、株価のように「割高」「割安」という概念はありません。

設定した時期が違うと運用期間が異なるので、同じ投資対象を持つ投資信託が同じ基準価額とはかぎりません。これは初心者が間違えやすい点なので注意しましょう。
スポンサーサイト

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

タグ : 株式投資 資産運用 投資信託

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。