FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ETF(株価指数連動型上場投資信託)

投資信託にはいろいろな区分がありますが、その中に「ETF」というものがあります。

ETF(Exchange Traded Fund)の正式名称は株価指数連動型上場投資信託。つまり、株式市場に上場されている投資信託ということです。

上場されているので、株式と同じように価格(基準価額)が日々動き、その価格で注文を出すことができます。そのため、ほかの投資信託に比べて非常に流動性が高いのが特徴です。

※ 通常の投資信託は、1日の市場が閉じたあとに基準価額が決定され、毎日その価格でしか購入・解約ができません。

また、市場で取引できるので、なんといっても取引コストが低くなります。いまはノーロード(手数料無料)の投資信託もありますが、ETFも低い手数料での購入・売却が可能です。

さらに、通常の投資信託にくらべて信託報酬が格段に安いです。信託報酬は投資信託のパフォーマンスに大きな影響を与えるものなので、同じような内容の投資信託なら、ETFのほうがお得な場合がほとんどです。

インデックス運用の投資信託を選ぶ場合は、同じ投資対象を持つETFがないかを確認し比較してから購入することをオススメします。
スポンサーサイト

テーマ : 投資信託 - ジャンル : 株式・投資・マネー

タグ : 株式投資 資産運用 投資信託 ファンド ETF

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。